診察

憂鬱解消法の注意点

仕事をするとやはりストレスを感じることが多いため、こまめに解消するようにしましょう。ストレスが原因での憂鬱とは血糖値と関係性があるので、解消法として甘い物の摂取する、というものがあります。ただ、食べ過ぎは禁物です。

詳しく見る

医者と看護師

うつ病とは

うつ病とは、脳のトラブルで、憂鬱な気分が続いたり、意欲が低下する症状があります。一時的には誰にでもある症状ですが、普通の憂鬱とは違います。時間と共に軽快しない時はうつ病を疑いましょう。

詳しく見る

聴診器

憂鬱とはオサラバする方法

憂鬱な気持ちになってしまったら、自分の憂鬱とは何なのか紙に書き出す方法を試してみましょう。紙に書き出すことで自分の気持ちを客観的に見直すことができるので、おすすめです。また、しばらくたってから見直すのもいいですよ。

詳しく見る

バインダー

憂鬱を味方につけるには

憂鬱な状態から抜け出していくために、いつもと違う道を通って帰ってみましょう。今まで気づかなかった事や物を見つけて、新鮮な気持ちになれ憂鬱とはオサラバできますよ。また、行きたくない飲み会は思い切ってキャンセルしましょう。

詳しく見る

カウンセリングを受ける老人女性

季節型うつ病の対処法

秋から冬にかけて発症し、春になると回復する季節型うつ病というものがあります。憂鬱とは離れたいと思っていても中々気分が晴れないなら、季節型うつ病を疑ってみましょう。

詳しく見る

憂鬱ってどんなこと?

医者と看護師

うつの憂鬱とそうでない憂鬱

憂鬱とは簡単に言いますが、人生で悩みはつきものですし、どんなことを言うのだろうとよくわからないのではないでしょうか。憂鬱とは気分が沈んでしまって何をするにも元気が出ないという状態を指します。その中でも、うつ病に繋がる憂鬱とそうでない憂鬱があります。通常の憂鬱とは、ふとしたきっかけで憂鬱が吹き飛んだり、運動や人に相談することで気持ちが晴れる場合があります。ふさぎ込んだ気持ちが合っても、何かのきっかけで憂鬱が去る事が特徴です。しかし、うつ病に繋がる憂鬱とは、少なくとも2週間はふさぎ込んだ気持ちが晴れる事がなく、生活に支障が出てきます。また、自分のすごく好きなことにもやる気が起きないということも危険信号です。また、食欲も変化するという人もいます。睡眠が極端になってしまうのも特徴の一つで不眠や仮眠などの症状が現れます。また、心の不調だけでなく、身体的な不調が見られたら、要注意です。口数が少くなったり、表情が乏しくなるのも特徴の一つです。うつ病はれっきとした病気ですので、もし疑いがあるのなら、恥ずかしがらずに受診する事が重要です。投薬治療も有効と言われています。治療すれば治せる病気ですので、うつ病長期化させないという意味でも早く受診するようにしましょう。もし身の回りに疑いがある人がいた場合は、優しく促してあげましょう。暗い気分を払拭させようと、お酒を飲ませることは禁物です。より深く悩んでしまうきっかけになってしまいます。

うつ病の初期症状

憂鬱な気分が続いてもしかしたらうつ病かもと感じた方の為に、うつ病の初期症状についてまとめていきます。傾向として、朝早く目覚めて、その後眠れなくなることがあります。また、目覚めても着替えなど毎日行っていることや、テレビや新聞にも興味がないという傾向も現れます。昼によくある傾向としては、集中力がなかったり、やる気がどうしてもでなかったり、すぐ疲れを感じるなどの傾向があるようです。また、午後から少しずつ調子が上がってくるのもうつ病の特徴です。夜になると、シャワーや風呂が面倒になったり、晩ご飯を食べる気になれなかったりします。不眠や寝てもすぐに目覚めてしまうのも大きな特徴です。また、この症状が一時的ではなく継続的にある場合は危険信号ですので、受診をおすすめします。