季節型うつ病の対処法

カウンセリングを受ける老人女性

季節型うつ病だと思ったら

冬に必ず落ち込んでしまう憂鬱とは季節型うつ病かもしれませんよ。秋から冬にかけて発症し、3月頃には回復するというのが特徴です。「どうして冬ばかり憂鬱になるんだろう」とお悩みの方は参考にしてみましょう。季節型うつ病の主な症状は、気分の落ち込みや以前なら出来た仕事が上手く出来ない、疲れやすい、集中力の低下などがあります。朝も起きにくくなるのが特徴です。原因もなく、憂鬱とは辛いですよね。どうやって対処したらいいのかを見ていきましょう。

季節型うつ病の対策

もし自分が季節型うつ病だと思ったら、まずは受診して医師の支持を仰ぎましょう。気軽に家でもできることとしてはまず、栄養バランスの良い食事をすることです。特に、タンパク質にはセロトニンの生成に必要な栄養素が含まれているので、おすすめです。また、ウォーキングをすることで、ドーパミンが分泌され、憂鬱とは離れられるという対処法もあります。また、自然の光に当たることも効果的なので、一石二鳥と言えるでしょう。また、やるべきことが多すぎると気分が落ちてしまうが、きちんとこなせる数ある分には頭を悩ます事がないので、やるべきことを整理しておく事が重要です。心療内科等では投薬治療もしてもらえるので、憂鬱とはさよならしたいと考えているなら、相談してみましょう。また、季節型うつ病の他にも心の病は沢山あります。他の病気の可能性も含めてお医者さんに相談しましょう。