憂鬱解消法の注意点

診察

仕事のストレス

仕事をしていると切り離せないのがストレスではないでしょうか?上司や同僚などの職場内部のコミュニケーションはもちろん、クライアント等の外部から受けるストレスもあります。そのような人間関係のストレスに加えて、残業等での疲れや仕事への責任感がストレスになることもあります。また、仕事自体がうまく行っていても家庭内のストレスや老後の不安を仕事中にも抱えているケースがあります。ストレスを0にすることは出来ませんが、できるだけ溜め込まずにリラックスすることが必要です。

憂鬱な時は

そうは言っても、中々ストレスを解消することが難しいという場合もあると思います。憂鬱とは色々な形で発現します。なんとなく落ち込んでしまうようなことはもちろん、体がだる重くなることや心臓がドキドキしてめまいがしてしまう場合や、頭痛がする場合もあります。このようなサインにいち早く気づいて早めに対処しましょう。憂鬱とは、ストレスを取り除けば回復していきます。こまめにストレスを解消していきましょう。ストレスを解消法の間違いとして、天気が悪くても出かけることや甘いものを食べる事、お酒を飲むことなどがあげられます。疲れを取れるようなストレス解消法を実施しましょう。天気が悪いときには気圧の影響で回復しにくく、疲れやすくなることがあります。また、甘いものを食べることは一時的にストレス解消になりますが、血糖値が下がるとまた、憂鬱になってしまいます。食べすぎないように気をつけましょう。また、よくあるのが、ストレスが溜まってきたのを感じて、仕事を休んだのに、気になったり罪悪感で憂鬱になってしまうことです。休むと決めたら仕事を気にしないようにするか、一段落付けてから休むようにしましょう。色々な対策を試して、それでも憂鬱が解消しない時は心の病気の可能性もあります。心療内科や精神科に相談してみましょう。